現状回復工事業者を選ぶポイントを徹底解説!

作業員

原状回復との違い

空き部屋

現状回復とは賃貸物件に入居し、物件を退去する場合に入居時と同じ状態に戻す事を言います。原状復帰とも呼びます。このポイントはどこまでが現状回復すべきものかが明確ではありませんでした。よって退去時には入居時の綺麗な状態に戻す必要があるとの事で入居時に支払いをした敷金から回復費用を差し引かれ、それでも足りない場合は追加で入金を求められていた現状があります。ガイドラインでは通常使用によるものは現状回復の対象外と規定されました。これは建物や部屋も減耗するものという考えに基づいています。また退去時は立ち合いして確認する行為が重要です。もし現状回復が必要な場合は、専門業者に依頼するといいでしょう。しかし初めて依頼するときはどの業者に頼んだらいいか分からない方も多いと思います。そんなときは業者の紹介サイトを参考にしましょう。そこでは一括見積も可能なので、費用が安いところを選べます。しかし、費用がそれなりする業者の場合は工事以外のサービスが充実していることが多いです。たとえば、工事後に定期メンテナンスを無料で行ってくれたり、もし不備が見つかった後も補強工事を行ってくれるでしょう。どの業者がふさわしいかは部屋の状態や経済状況にもよるので、その時に一番適切なところを選ぶのがおすすめです。選ぶ基準が明確に定まっていないときは、紹介サイトの電話相談スタッフと話してみるのもいいでしょう。スタッフは条件に合った業者をいくつか提示してくれるので、そこから選ぶことができます。

テナント撤退にかかる費用

工事

現状復帰はテナントから撤去するときに必ず行う工事であり、国土交通省に義務付けられています。費用は最初に行った改装工事と面積によって増減し、飲食店などで行うスケルトン工事などが高い費用が必要です。現状復帰のための準備は予算を確実に確保することにあり、それを行えば後は業者任せにできます。

状態によって変わる

作業者

原状回復は物件の使い方によってかなり費用が変わってくるので一概には言えませんが、通常数万円程度の費用で収まる場合が多くなっています。原状回復は住んでいた年数や汚損の程度から費用が変わるので相場より前後することは珍しくないのです。

退去時の部屋の修復と敷金

空室

原状復帰というのは、賃貸物件の入居者が退去した後に、入居時の状態に部屋を近づけることで、敷金によって修復されます。ただし経年劣化によるものは対象とならず、入居者の過失によるもののみが対象となります。ですから、もし戻って来た敷金が少ないという場合は、一度管理会社に問い合わせてみるといいでしょう。