現状回復工事業者を選ぶポイントを徹底解説!

作業者

退去時の部屋の修復と敷金

空室

経年劣化は対象外です

賃貸物件関連の記事で、原状復帰というのを目にすることがあります。この原状復帰というのは、入居者が退去する時に、部屋を入居した状態に近づけることで、退去後に敷金を使って行われます。ただしこの場合、原状復帰の対象になるケースと、ならないケースがあります。この両者にはどのような違いがあるのかといいますと、経年劣化であるか、そうでないかという違いです。経年劣化というのは、年月とともに汚れたり、あるいは色があせたりすることをさします。ですから、壁布が年月とともに黄ばんで来た、あるいはしみがついて来たなどという場合は、原状復帰の対象にはならず、敷金を使っての交換はできません。こういう場合は、大家さんが自分でお金を出して、取り換えを行うことになります。また、家具を置いて床がへこんだとか、冷蔵庫の裏の壁が黒ずんだ場合も、対象外になります。要は、本人の過失によるものでなければ、原状復帰の対象にはならないと考えるといいでしょう。その反対に、入居者が何かをこぼしたとか、あるいは壁に画鋲の穴などをあけて、そのままにしている場合は、原状復帰の対象となり、敷金が使われることになります。ですから画鋲の穴などは、退去前に自分で修復をしておきましょう。また退去後敷金が戻って来ますが、特に部屋に損傷を与えたわけでもないのに、法外に少ないなどということもあります。このような場合はトラブルに発展しかねないので、まず仲介会社や管理会社に、問い合わせるといいでしょう。