現状回復工事業者を選ぶポイントを徹底解説!

作業者

状態によって変わる

作業者

通常そこまでかからない

賃貸物件を引き払う際には、必ず原状回復をしてから引き渡しをすることになりますが、その際の原状回復については部屋の中の状態によってかなり異なります。原状回復の業者に見積もりをしてもらってから進めることになりますが、まず壁紙や床が少し汚れている程度ならばそこまで大掛かりな工事は必要なく、数万円以内で原状回復が完了します。この場合には壁紙の一部張替えや床面の張替えなどで済むので価格が安くなるのです。しかしながら長いこと住み続けていて家の中のあちこちに破損が見られる場合には、これよりも費用がかかることがあります。壁が破れていたり壊れている場所がある場合には総額で数十万円程度の回復費用がかかります。原状回復工事については物件を所有している人と話し合いながら進めることになりますから、必ず相談しながら施工をするようにしましょう。原状回復費用は高くついたとしても60万円以内に収まる場合が殆どです。敷金礼金がとられているケースではその中から原状回復費用を捻出してくれることが多いので、汚損があまり見られない場合には、退去時に敷金礼金を工事費用にあてられるので、その中で払うことができれば自分でお金を支払う必要はありません。原状回復工事については工事業者を選ぶことでより安くなる事も多いので、なるべくならば原状回復を依頼する際に安い価格で工事を引き受けてくれる業者を選びましょう。そうすることで工事費用の節約につながります。