現状回復工事業者を選ぶポイントを徹底解説!

作業者

テナント撤退にかかる費用

工事

内装を元通りにする業者

使用していたテナントから撤退する場合には、現状復帰を確実に行うように国土交通省から義務付けられています。これは単純なクリーニングとクロスの張替えを行えば良い訳ではありません。良く誤解されがちで軽視されてしまう工事ですが、使用していたテナントを持ち主に元通りに返すということは大きな意味を持ちます。賃貸契約上、借りたものは元通りの状態で返すことによって契約が正当に完了するのです。現状復帰工事を確実に行うために、費用はしっかりと確保しておきましょう。現状復帰の相場としては、あまり手を入れていない場合はクロスの張替えなどで十分ですが、飲食店などのスケルトン工事を行っていた場合は大変です。丸見えの状態になった壁を元通りに復帰させることになるので、想像以上にコストがかかってしまいます。他に空調システムに手を入れていた、スタジオとして使うために照明機器を強いものにしていたなどの場合はコストが高くなるのです。元通りにすることを考えてそれらの改装工事を行わなければ、そのテナントを有効活用することは出来ません。現状復帰にかかるコストは必要経費として考えていくことが大切なのです。面積などにもよってかかるコストは変わってくるので、広い場合にはそれ相応にコストがかさむことになります。大きなテナントを借りて、大きな改装工事を行った際には現状復帰工事の予算を確実に確保するようにしましょう。準備としてはその予算確保だけで十分であり、業者に工事を任せれば問題なく現状復帰は完了します。